A Cinema 4D Primer for Maya Artists: Setting up a Project in C4D

Photo of Edna Kruger

Instructor Edna Kruger

Share this video
  • Duration: 09:39
  • Views: 1623
  • Made with Release: 18
  • Works with Release: 18 and greater

Setup a project by importing files, adjusting preferences, and then saving.

This video shows how to create a project folder, load in .c4d files, import and export FBX files, explore the Content Browser, set the frame rate and FPS (and other basic project settings), set up your preferences, and save your C4D project file in different ways.

Tip: For information on how to create a .c4d file to load the correct default settings for new projects, see this video: Default to 25fps with a new .c4d file

Less...

Transcript

In this video, we'll get started with a project by bringing in files, defining project settings, setting up preferences, and saving out files. So what's the first thing that you need to do when you start a new project? Set up your folders, of course. When you create a project file in Maya, a whole bunch of specific folders get created within a project folder. Cinema 4D isn't as picky about your folder structure, so you can just create a main folder on your own before you start creating stuff. For example, here we have created a main folder and inside there are folders for our C4D files, FBX files, OBJ files, and all our image source files. Most data in C4D is stored in file, so you don't need too many special folders. A text folder for textures that are used in your project can be automatically created here, which we'll show you later. Now, you need to create or load some files into C4D. The easiest way to open up a project file is to drag it in from a browser. We'll bring in our little guy who's made entirely with primitive objects. What's called a . C4D project file is more like what a scene file is in Maya, and chances are that you have scene files from Maya that you want to use in C4D. The way to bring in a scene file is in the FBX format. You could also drag it in from a browser, but we'll choose File Open. Just select the FBX file you want and load it. In the FBX Import box that shows up, check all the options you want to import. You can usually just click OK to accept the defaults. Here, you can see that the geometry, animation, material, textures, and cameras all get imported. Now, if you want to get started with some preset C4D project files, open the content browser by clicking this tab on the side. There are a lot of different example scenes and assets to help you get going. So you should take some time in exploring all these folders. When you find a preset you want, just double-click on its icon to load it. You can also use the Search field to search for files by name string if you know it, or by the file type. There are lots of fun things in C4D, including Conveyor Belt Sashimi. What could be better? One thing that C4D has that's more like PhotoShop and other design programs, is that you can have several files open at once in a session, as you can see at the bottom of the Window menu. This is pretty handy for things like copying objects or materials between files, which we'll do now. Let's switch to the Mist file here, and copy the physical sky and landscape objects from it. You can also press the V key and Select Project, and then select a file from there to switch to it and we'll return to our little character. Now, we can paste the object in, and voila. We have just created a world for our little guy. We'll just move the sky's access icon out of the way for now. So let's keep adding elements to our scene. This time we'll use File Merge, which is like the Import command in Maya. We'll select the OBJ file containing a tree to plant it into our recently appropriated landscape. Okay. This scene is starting to look a bit too sad and desolate for our little guy. But don't worry. We'll be making it better for him real soon. Now that we have some objects in our scene, it's a good idea to define some basic project settings before we get too far. One of the first things to set is in the render settings. You can click this icon on the top palette, or choose Render Settings from the Render menu, or press Ctrl+B. Here, you set the frame rate for the project's output to whatever value you need. We'll just leave it at 30. Choosing the image is size is also a good idea to do early on, and C4D gives you lots of presets to choose from, as you can see here. You can also enter your own values in these fields, though, if you want. With these two things set, you can move on to other project settings in another place. Choose Edit Project Settings or press Ctrl+D to open it in the Attribute Manager. There are a bunch of settings here you can start with, such as the FPS, or frames per second value that you want to use while working in the scene. This value can be different from the output frame rate we set, like doubling it. But it's usually best to keep it the same. The minimum and maximum time value set the timeline start and end frames. The preview min/max time sets the timeline range values. If you like, you can add information to your project on the Info tab. This is useful when you're collaborating with others in a team, or even just for you to remember for later on. The unit settings for the project are set with the project scale. You can even click Scale Project here and set a target for scaling, and then objects are converted for you. Notice that you can save and load presets for the project settings too, which is handy for keeping your settings. We'll just return to what we had before. Of course, these settings are for your current project. But if you want to set up more persistent changes, you set them in the preferences just like you do in Maya. You can open it here in the Edit menu, or press Ctrl+E. Now, before we go ahead and start making any changes, let's take a little visit to the Preferences folder by clicking this icon. When you make changes to the preferences, the contents of these files are automatically updated. This is usually what you want, but sometimes you want to get back to the factory defaults. So to do this, just delete the Prefs folder, and restart C4D and a shiny, new Prefs folder is automatically created for you. If you want to keep the preference changes you have made, just rename the folder for now, and then replace the default folder with this one when you want to use it. So let's check out some of the preferences you can set, such as the unit display value that you want to be the default. On the Files tab, you can set the number of backup copies you want, which are always a good idea to have. Select Auto-Save and set the frequency options and a location for the files to make sure you don't lose any data while you're working, just in case there's an alien invasion or zombie attack, or whatever kinds of things happen in your neighborhood. On the Memory tab, you can set the number of undo operations you want. It's not a bad idea to set this one pretty high when you're learning a new program. You can also change the interface options for working, such as the scheme color. Maybe go retro with the Light scheme just for a change. Make sure that Show Shortcuts in Menu is on, which will help you learn the keyboard shortcuts in C4D. With the project settings and preferences as we like them, it's a good time to save the project to the folder you've created. You can choose File Save or Save As to save out as a . C4D file. We're just going to rename this file and add it to our C4D Project Files folder. Just a note that if you're working with an FBX file, this will save it as a . C4D file. So if you want to keep your FBX as FBX, choose Export FBX to save the file, and then select the export options that you want. Let's just go back to our little character. As you're working, you can also save out the different stages or versions of the project by choosing Save Incremental, which is the same as in Maya. You may want to save the first version of your file with a name, as we did earlier, so that C4D will keep the same number of leading zeros and let you add an underscore before the incremental numbers. If for some reason, you didn't create a project folder before you started, you can choose Save Project with Assets. Enter a name that will be used for both the project file and a folder that is created for it, and click Save. As you see in the folder, any images that you used as textures are copied into a text subfolder that is automatically created in this project folder. Renders can also auto-save to a subfolder in this projects folder, so that all of your image sequences get collected in the same spot. So now that you've got some files loaded and your project is set up and saved, you're ready to start checking out C4D. Here's a cheat sheet of all the keyboard shortcuts that we used in this video. You can jump into any of the videos in this series to learn about whatever feature you want. But the next one in line is all about navigating and creating cameras. See you there.
このビデオでは、ファイルを開いてプロジェクトを開始します。 プロジェクト設定、一般設定、ファイルの保存などが含まれます。 新しいプロジェクトを始めるために、 まず必要なことは何でしょうか? まずはフォルダの設定です。 Mayaでプロジェクトファイルを作成する時、 特定のフォルダにプロジェクトフォルダを作成します。 Cinema 4Dはフォルダ構造に対して厳密ではないので、 メインとなるフォルダを自分で作成してください。 たとえば、ここではメインフォルダを作成して、 中にはC4Dファイル用のフォルダと FBXファイル、OBJファイル、すべての画像ファイルが含まれます。 C4Dの場合、ほとんどのデータは ファイル内に保存されているので、 それほど多くのフォルダは必要ありません。 texフォルダは、プロジェクトで使用するテクスチャ用に ここに自動的に作成されます。 これは後ほどご紹介します。さて、ファイルをいくつかC4Dで作成したり 読み込んだりする必要があります。 プロジェクトファイルを開く最も簡単な方法は、 ブラウザからファイルをドラッグする方法です。 プリミティブオブジェクトだけで作られた小さな男の子を読み込みます。 C4Dプロジェクトファイルと呼ばれているものは、 Mayaのシーンファイルと同じです。 MayaのシーンファイルをC4Dで使用することも可能です。 シーンファイルを取り込むには、FBX形式を使います。 ブラウザからファイルをドラッグするか、 [ファイル/開く]を選び、必要なFBXファイルを選択して 読み込むだけです そうすると、FBXインポートダイアログが開き、 インポートに関するオプションを必要に応じてチェックします。 通常、デフォルトのまま[OK]をクリックして 読み込めば大丈夫です。 これで、ジオメトリ、アニメーション、マテリアル、テクスチャ、 カメラがインポートされます。 C4Dプロジェクトファイルのプリセット使って 始めたい場合は、 横にあるこのタブをクリックしてコンテンツブラウザを開きます。 ここには、様々なシーンやアセットなど、 活用できるものが多数あります。 ぜひ、時間があるときに すべてのフォルダをご確認ください。 気に入ったプリセットが見つかったら、 アイコンをダブルクリックして読み込んでください。 名前やファイルの種類がわかっている場合 [検索]フィールドを使用して検索もできます。 回転寿司のベルトコンベアなど、C4Dには楽しさがたくさんあります。 C4Dの優れている点は何でしょうか? C4Dは、PhotoShopや他のデザインツールのように 一度に複数のファイルを開くことができます。 ウィンドウメニューの下部にリストが表示されています。 これはとても便利です ファイル間でオブジェクトやマテリアルをコピーできます。 実際にやってみましょう。 Mistファイルに切り替えて、 フィジカルスカイと地形をコピーしてみましょう Vキー押して、[プロジェクト]から選ぶこともできます。 そこからファイルを選択して、キャラクタのファイルに切り替えます。 これでオブジェクトをペーストできます。 このキャラクタ用の世界ができました。 フィジカルスカイのアイコンをドラッグして、 画面から外します。 シーンに要素をさらに追加しましょう。 今回はファイル/マージを使用します。 これはMayaのImportコマンドと似ています。 OBJファイルを選択しますが、 樹木が入っているので、これを地形に植えます。 少し悲しく荒涼としているように見えますね。 でも、心配しないでください。 彼のためにもう少し見栄えを良くしていきます。 シーンのオブジェクトがいくつかありますが、 最初にプロジェクト設定を事前に定義することをお勧めします。 最初に行う設定は、レンダリング設定です。 上部のパレットにあるこのアイコンをクリックするか、 レンダリングメニューから [レンダリング設定]を選ぶか、Ctrl + Bを押します。 ここでプロジェクトのフレームレートを設定します。 出力したい値に設定します。ここで30にしておきます。 次に、画像解像度を設定しますが、 C4Dは多くのプリセットを用意されているので、 こちらから選ぶと早いです。 もちろん、これらの値に独自の値を入力することもできます。 この2つの設定が完了したら、別のプロジェクト設定を行います。 [編集/プロジェクト設定を編集]を選択するか、Ctrl + Dを押すと 属性マネージャで開きます。 ここにはたくさんの設定があります。 FPSや1秒あたりのフレーム数などが設定できます。 この値は出力フレームレートとは異なります。 それを2倍の設定も可能です。 しかし、通常は同じ値にするのが最適です。 最短時間と最長時間は、 タイムラインの開始および終了フレームの設定です。 プレビュ最短/最大時間はタイムラインのプレビュ範囲を設定します。 また、情報タブでプロジェクトに好きな情報を 追加することができます。これは便利で、 チーム内の他の人と協力したり、リマインダとしても使えます。 プロジェクトの単位設定はプロジェクト規模に合わせて設定します。 プロジェクトをスケールをクリックして 後からスケールもできます。 オブジェクトのサイズは自動で変換されます。 プロジェクト設定は、プリセットとして保存や読み込むができます。 お気に入りの設定を保存するのに便利です。 ここでは元の設定の戻します。 これらの設定は現在のプロジェクトの設定になります。 しかし、この設定をずっと保持したい場合は、 Mayaと同じように、一般設定でそれらを設定します。 編集/一般設定を選ぶか、 Ctrl + Eを押します。さて、実際に変更を加える前に、 このボタンを押して一般設定フォルダを少し見てみましょう。 一般設定を変更すると、ファイルの内容は自動的に更新されます。 通常は、それで問題ありませんが、 デフォルトの設定に戻したい時があると思います。 その場合は、Prefsフォルダを削除して、 C4Dを再起動すると、新しいPrefsフォルダが自動的に作成されます。 一般設定の変更を保持したい場合は、フォルダの名前を変更して 使用したいときに、デフォルトのフォルダと置き換えてください。 ここで設定できる項目を見てみましょう。 たとえば、デフォルトで表示したい表示する単位を選べます。 ファイルタブでは、バックアップファイルの 履歴数などが設定できます。 これは設定することをお勧めします。 自動保存をオンにして、 保存頻度やファイルの保存先を設定できるので、 たとえ、作業中にエイリアンの侵略や ゾンビの攻撃を受けてもデータの消失や破損を回避できます。 あなたの近所で何か起こっても安心です。 メモリタブでは、アンドゥの取り消し回数も設定できます。 新しいプログラムを学んでいるときは かなり高い値に設定することは悪くないアイデアです。 また、スキームの色など、作業用のインターフェイスの設定も 変更できます。 ライトスキームだと少しレトロな感じなります。 [ショートカットをメニューに表示]は オンにしてください。 C4Dのキーボードショートカットを知るのに役立ちます。 好みのプロジェクトの設定や環境設定にできたら、 プロジェクトを保存しましょう。 ファイル/保存または別名で保存を選択します。 保存は、C4Dファイルになります。 このファイルの名前を変更してC4Dの プロジェクトファイルフォルダに追加します。 FBXファイルで作業している場合でも C4Dファイルとして保存されます。 開いたFBXをまたFBXとして保持したい場合は、 [エクスポート/FBX]を選択してファイルを保存し、 エクスポートオプションを設定します。 私たちの小さなキャラクターに戻りましょう。 作業中にプロジェクトのさまざまな段階や バージョンを履歴保存を選ぶことで 保存することもできます。これはMayaと同じです。 あなたは最初のバージョンを 名前をつけて保存したら、 C4Dは、アンダースコアの後に、 頭をゼロで埋めた値を増分していきます。 何らかの理由でプロジェクトフォルダを作成しなかった場合は、 「素材と一緒にプロジェクトを保存」を選択することができます。 プロジェクトファイルと作成するフォルダの両方で 使用したい名前を入力して、[保存]をクリックします。 フォルダ内に表示されているように、テクスチャとして使用した画像は、 プロジェクトフォルダ内に自動的に作成されるtexフォルダに コピーされます。 レンダリングしたものも、このプロジェクトフォルダ内の サブフォルダに自動的に保存することもできます。 つまりすべての連番画像は、同じ場所で収集されるようにします。 これで、いくつかのファイルが読み込まれ、 プロジェクトの設定が行われ、保存されました。 C4Dを確認する準備が整いました。 こちらがこのビデオで使用した すべてのキーボードショートカットの比較表です。 このシリーズのビデオは、学びたいこところから 自由に初めていただいて問題ありません。 次のビデオはナビゲーションと カメラの作成です。 後ほどお会いしましょう。
Resume Auto-Scroll?