Toon Rig Series: Weighting the Face

Photo of Sebastian Pfeifer

Instructor Sebastian Pfeifer

Share this video
  • Duration: 03:38
  • Views: 693
  • Made with Release: 23
  • Works with Release: 23 and greater

In this part you will learn how to weight the face rig, so you can get appealing facial deformations.

show less

Transcript

いよいよToon Rigチュートリアルで もっともややこしいパートである顔のウェイト設定です。 おそらく自動ウェイトの結果は、 ひどい状態になっていると思います。 これは、フェイシャルリグが固定されていないジョイントが使われていて 自動ウェイトのアルゴリズムがそれに対応していないからです。 パート3の顔のコントローラの調整の部分を流していますが、 まだの方はまずはそちらをご覧ください。 顔のウェイトですが、これまでと同様に 影響の大きなところから始めて細部に移っていきます。 これは、クローンなウェイトを得るために重要です。 まずは、頭部全体のウェイトを Head.bindジョイントに対して100%に設定します。 これでクリーンな状態で始められます。 次は、頭の上部でhead_mid.bindをからhead.bindまで ゆるやかにウェイトを移行させます。 このキャラクターのように、髪やアクセサリがある場合は 同じようにウェイトを移行させます。 次のアゴ(jaw.bind)のジョイントも、ゆるやかに移行させます。 唇の作業に移る前に、きれいに変形しているか、 確認を忘れないでください。 上唇は4つのジョイントの連なりで出来ており、 下唇も同じく4つの連なりで出来ています。 頂点に最も近いジョイントを見つけ、 それに合わせてウェイトをペイントします。 唇の中心に当たるジョイントには100%のウェイトを割り当て、 それから外に向かってゆるやかに移行させます。 間と端の2つのジョイントが接続している部分は、 それぞれの連なりのジョイントを一つずつ選択して同時にペイントします。 口の中も忘れずにペイントしてください。 テストして結果に満足するまで調整してください。 次は目です。 眼窩部分にeye_base_bindを100%のウェイトを割り当て ループに沿ってフェードアウトさせます。 まぶたは、lidのジョイントが掛かっている部分は100%にして、 外に向かってフェードアウトさせます。 次に眉ですが、眉の中心をbrowe_master_bindに対して 100%を割り合って、ウェイトをフェードアウトさせます。 このとき、ウェイトがまぶたに割り当てられないように気をつけてください。 残りの部分もペイントしていきます。 眉の各部分や鼻、頬の部分です。 眉毛が別オブジェクトになっている場合は、 忘れずにペイントしてください。 歯や舌もペイントしていきます。 最新のリグでは、口角をコントロールする ジョイントとコントローラを追加しました。 これは、ご覧のような口の形にする場合に便利です。 また、母音のオの形のポーズのときにも使えます。 口角を微調整するコントローラですが、 口の形を修正するためにも使えます。 口角のジョイント(C_lip_bind_)と 口角調整用 (lip_corner_tweaker_bind)との ウェイト配分がどうなっているかご覧ください。 皆さん、これで完成だと考えているかもしれません。 まだ終わっていません。
Resume Auto-Scroll?