New in Cinema 4D R19: UV Editing Workflow & User Interface Enhancements

Share this video
  • Duration: 01:38
  • Views: 3614
  • Made with Release: 19
  • Works with Release: 19 and greater

In Cinema 4D Release 19, MAXON has included enhancements to the UV editing workflow.

Easy island selection, UV component selection conversion, and a UV Coordinate Manager, alongside menu and command renaming, menu rearranging and new shortcuts. are just the “first-fruits” of an effort to bring improved UV Editing Tools in the future.

Less...

Transcript

MAXONは、Cinema 4D Release 19で UV編集ワークフローを改善しました。 UVアイランドの選択が簡単になりました。 ALT+選択ツールでなぞるだけで UVアイランドが選択できます。 UVコンポーネントの変換もできるようになりました。 CRT+UVコンポーネントモードのアイコンをクリックするか、 拡張された「選択範囲を変換」のダイアログを使います。 UVのコンポーネントが追加されました。 選択範囲を拡大 / 縮小もUVコンポーネントをサポートしました。 座標マネージャもUVコンポーネントに対応し、 UVポイントとUVポリゴンを数値入力で編集できます。 Cinema 4D Release 19では、 一部UV編集コマンドの名前の変更や、 コマンド作業のためのショートカットの利用や メニューの順番が変更、 便利な機能などが追加され、 UV編集作業がより簡単になりました。 Cinema 4DのUV編集機能の改善はまだまだ進行中です。 まずは、Release 19で改善されたUV編集機能を是非ご活用ください。 ぜひ、他のCineversityのクイックスタートビデオや Quick-Tipもご覧ください。他の参考ビデオも Release 19のリリース後にさらに追加される予定です。 Cinema 4D Release 19の使い方をご紹介します。
Resume Auto-Scroll?