A Cinema 4D Primer for Maya Artists: Customizing Your Workspace

Photo of Edna Kruger

Instructor Edna Kruger

Share this video
  • Duration: 11:40
  • Views: 1097
  • Made with Release: 18
  • Works with Release: 18 and greater

Rearrange and save your own layouts, create custom palettes, remap keyboard shortcuts, and make your own menus.

This video shows how to customize the Cinema 4D interface by rearranging the layout of panels by docking and creating tabs, saving a custom layout, editing palettes, creating custom palettes with the Customize Command Manager, assigning and reassigning keyboard shortcuts, editing menus with the Menu Editor, and creating custom menus.

Less...

Transcript

Now that you've worked in Cinema 4D a bit, you may notice that you like to work in a certain way, or you want to make it more like the setup that you have in Maya or another application. In this video, we're going to show you how you can customize C4D so that you can work in the way that is most comfortable to you. This includes rearranging the layout of the panels in the workspace, creating custom palettes, setting keyboard shortcuts to what you want, and editing and creating custom menus. The C4D interface is divided into panels that give you access to different icons, tools, and managers, the same basic idea as in Maya. There are a bunch of preset layouts for different workflows that you can get from the Layout menu here in the upper right corner. Try them all out to see which ones you might like to work with. These are also a good starting point for customizing the layout to what you want. We'll start out with the Model layout, which creates a panel of modeling tools at the bottom. Let's say we want to make it feel a little bit more like the Modeling Toolkit in Maya, so we need to rearrange the panels. Just drag this little square icon, called the "Grasp" icon, to any edge that gets highlighted in white. Then release the icon to dock it, and we'll dock these so that they're vertical beside the view panel. You can also choose Undock from this icon's menu, and leave the panel as a floating window. When you've had enough of that, just drag on the icon back to an edge to redock the panel. Let's make some room on the right side by docking these editors as tabs. Drag the Grasp icon of the Object Manager, and drop it onto the Grasp icon of the view panel, which turns both of these panels into tabs. We'll add the Attribute Manager, Coordinate Manager, and Layer Manager as tabs as well. Now, we'll close the rest of the panels on the right side since we aren't using them so much. You can press Shift+W to do this too. Remember that you can always find any manager in the Window menu if you want to bring it back. To save this layout, choose Window, Customization, Save Layout As, and give it a name. It gets saved in your C4D library Layouts folder, and if you like this layout so much that you want to have it load whenever you open up C4D, choose Save as Startup Layout. Don't worry about overwriting the existing startup layout, because all layouts that you create have a user tag appended to it. If you've just made a big mess of the layout and don't want to save it, just choose the startup or standard layout again to reboot, and the changes you made are gone as if they never happened. Now that you know how to change the layout of panels and palettes, let's look at how to edit what's in the palettes. Right-click the Grasp icon in any palette, and choose Customize Palette. This brings up the Customize Command Manager, which you can also open by choosing Window, Customization, Customize Command, or by pressing Shift+F12. Just make sure that the Edit Palettes option is on. Blue outlines around the icons in all of the palettes remind you that you're in Editing mode. Now, you can rearrange the order of the icons. For example, we can just move these two buttons out of the way to have the Component modes closer to the Model mode icon. Or even drag icons from one palette to another, like moving the Selection icon and the Move, Rotate, and Scale icons to the left palette to make it feel more like the Maya toolbox. When you're done, turn off Edit Palettes to end that mode, or close the manager. You don't have to be in Edit mode to change the rows and columns layout, or show text with the icons, and move the text below the icons, or change the icon size. So you can do these at any time. The real power of palettes is that you can create your own custom one so that your most commonly used tools are close at hand, pretty much the same as creating a custom shelf in Maya. Right-click the icon and choose New Palette, which creates an empty palette that needs to be filled. You can press Shift+C to open the Commander and enter the name of the command, and then drag it into the new palette. You can even drag a command into the view panel itself to have it around for ultimate convenience. But we'll just remove that and close this palette, and we'll try it another way. This time, we'll open the Command Manager by pressing Shift+F12, then click the New Palette button. Instead of scrolling down this huge list to find a command, just enter a string in the Name Filter field to search for the commands, such as Render. For example, we want to keep just our favorite rendering tools in a separate palette. Make sure that you select the correct command if there are several commands with the same name, and just drag that command onto the palette. We'll bring in the render settings, the render queue, and all of our render previewing tools. It's sometimes useful to make icons for commands that are in submenus or for commands that don't have keyboard shortcuts. We'll find the Make Preview command to add that one too. We'll just right-click the Grasp icon and choose Change Orientation to make it vertical. Then, right-click and choose Rename to give it a good name, like "Render Pal", which can be short for "palette" or just because it's your new buddy. You can keep it in a floating window to move it around as you like, or dock it like you would any other panel, which we'll do on the left side here. Another cool thing is that you can right-click and choose Fold Palette, which creates a little icon that represents the other commands in a menu. If we just turn on Edit Palette mode, we can add it to an existing palette, and then close the empty one. Note that you can drag commands to add them to any palette, not just to custom ones, as we'll do with Make Preview. Let's just turn off Edit Palette. Another way of making commands accessible is to either assign keyboard shortcuts to commands that don't have any, or to change the assigned keyboard shortcuts to something that you like more. For example, we want to assign the F9, F10, and F11 keys to the Points, Edges, and Polygon modes so that they're the same as what we're used to in Maya. Let's start by finding out if the F10 key is available by pressing the F10 key itself in the Shortcut Filter field. You can see that there's something assigned to Shift+F10, but we're clear for takeoff for F10 on its own. Now, we can assign the F10 key. So enter Edge in the Name Filter field to find the Edges mode command, and select it. You can see that there's no key currently assigned to it. Press the F10 key itself in the Shortcut field at the bottom, and then click the Assign button. Now, it's listed as the shortcut. You could always click Delete to unassign it. But let's just put that back. Now, we can do the same thing to assign the F11 key to Polygon mode. First, we'll check what's assigned to F11. Then, we'll find the Polygons mode command, and then press the F11 key in the Shortcut field and click Assign. So this works okay for F10 and F11, but you can see that F9 is already assigned to the Record Active Objects command. So let's reassign the Record Active Objects command to something like KO, as in Key Objects. The keys are also close together on the keyboard. Now, we'll find the Points mode command and assign the F9 key to it. Notice that the shortcuts show up when we mouse over these icons, which is nice if you forgot what you did. One more way to customize C4D is to edit the menus in the Menu bar, or create your own custom menu to show up there. This time, choose Window, Customization, Customize Menus to bring up the Menu Editor. You can select a menu here and drag it to a new place, or select it and click the Move buttons to change the order of the menus. We'll just do a little rearranging here to, say, put them in alphabetical order. You can double-click a menu to expand it and see its contents, and then you can rearrange these commands as you like too, including moving them to a different menu. We're just doing some random moving commands around here. But a real reason for rearranging the commands is, let's say there's an update to the UI in the latest version, but you've just gotten used to your favorite commands being in a certain menu. So you can rearrange the menus to revert them to what they used to be like in a previous version. You can also delete items. For example, we'll delete the Team Render commands, because we work alone and never use them. Click Apply to make the changes and see them in the Menu bar. Because you always need a safety net, you can click Revert to Last Saved Version or Revert to Original to reload the factory settings to undo whatever weirdness you may have just done. If you want to create your own custom menu that will show up on the Menu bar, click New Submenu and give it a name. You can copy and paste commands here from other menus, or just move the different commands that you want into this new menu. Let's say we want to move all our favorite MoGraph and simulation tools in the same menu. We can just drag them in here. But then, they won't be in the original menus anymore. Click Save All Changes to keep this menu, and now you can use it from the Menu bar as if it was always there. But we'll revert to original, because we were just messing around and don't really want to keep it like that. So now, you know the many ways in which you can customize C4D to make it comfortable for you to work in, and here's the cheat sheet for all the features and keyboard shortcuts that we used in this video. In the next video, we'll take a quick look at some features in C4D that you really should explore, because they are awesome. We'll also check out cineversity.com.
さて、Cinema 4Dで少し作業を行ったわけですが、 決まったやり方で作業したい場合や または、Mayaや他のアプリケーションと 近い形で行いたいと思うかもしれません。 このビデオでは、あなたにとって最も快適に作業できるように C4Dをカスタマイズする方法を紹介します。 これには、ワークスペース内のパネルの レイアウトのアレンジから カスタムパレットの作成、キーボードショートカットの設定、 カスタムメニューの編集と作成が含まれます。 C4Dインターフェースは、さまざまなアイコン、ツール、 マネージャにアクセスできるパネルに別れていて Mayaと同じような考え方です。 さまざまなワークフローに合わせた プリセットのレイアウトが用意されており、 右上の[レイアウト]メニューから選択できます。 まずはそれらをすべてお試しください。 お好みの作業環境が見つかるかもしれません。 これらはまた、カスタマイズするベースになります。 まずは、Modelのレイアウトから始めましょう。 下部にモデリングツールのパネルが作成されています。 これをもう少しMayaのモデリングツールキットのような感じにしたいので、 パネルをアレンジする必要があります。 「グラブ」アイコンと呼ばれる小さな四角形のアイコンをドラッグすると 白くハイライト表示されているエッジに移動できます。 その後、アイコンを離してドッキングし、 ビューパネルの横に垂直になるようにします。 このアイコンのメニューから[ドッキング解除]を選択して パネルをフローティングウインドウにもできます。 理解したら、アイコンをドラッグして エッジに戻してパネルを再ドッキングします。 右にドックされているものをエディタにドックして、 タブにしてみましょう。 オブジェクトマネージャのグラブアイコンをドラッグして ビューパネルのグラブアイコンにドロップします。 これで双方のパネルがタブに変わります。 属性マネージャと座標マネージャ、レイヤーマネージャも 同じようにタブとして追加します。 右側のあまり使わない残りのパネルを閉じます。 Shift + Wキーを押しても同じことができます。 ウィンドウメニューには、すべてのマネージャをあるので、 いつでも戻せます。 このレイアウトを保存するには、ウィンドウ/カスタマイズ/ [レイアウトを別名で保存]を選び、名前を付けます。 それはC4DのLibrary/layoutsフォルダに保存されます。 このレイアウトが気に入り、C4D起動時にロードしたいしたい場合は、 初期レイアウトとして保存を選択します。 既存の初期レイアウトが上書きされないか心配かもしれませんが、 作成するすべてのレイアウトには(ユーザ)と付加されます。 もし、ぐちゃぐちゃになった レイアウトを保存したくない場合は、 初期またはStandardレイアウトを再度選択して再起動し、 それまでの変更はリセットされます。 これで、パネルのレイアウトの変更を学びました。 次に、パレットの編集する方法を見てみましょう。 グラブアイコンを右クリックして、 [パレットをカスタマイズ]を選択します。 これにより、コマンドをカスタマイズ マネージャが起動します。 これは、ウィンドウ/カスタマイズ/コマンドのカスタマイズを 選択するか、Shift + F12を押します。 [パレットの編集]オプションがオンになっていることを確認してください。 すべてのパレットのアイコンの周りの青いアウトラインに なっていれば、編集モードです。 これで、アイコンの順序を並べ替えることができます。 たとえば、この2つのボタンを移動して、 コンポーネントモードとモデルモードのアイコンを近づけます。 または、あるパレットから別のパレットに アイコンをドラッグすることもできます。 選択アイコンと移動アイコン、回転アイコン、スケールアイコンを 左のパレットに移動して、Mayaツールボックスに近づけます。 あなたが編集が終わったら、パレットを編集をオフにして そのモードを終了するか、マネージャを閉じます。 編集モードでなくても行/列のレイアウトを変更や アイコンとテキストの表示、 テキストをアイコンの下に移動したり、 アイコンのサイズを変更できます。 いつでもこれを行うことができます。 パレットが強力な点は、独自のカスタムパレットを作成して、 一番よく使うツールをまとめることができます。 Mayaのカスタムシェルフを作成するのとほとんど同じです。 アイコンを右クリックし、[新規パレット]を選択すると、 空のパレットが作成されます。 これに追加していきます。 Shift + Cを押してコマンダーを開き、 コマンドの名前を入力し、新しいパレットにドラッグします。 ビューパネル自体にコマンドをドラッグもできるのでとても便利です。 一旦削除してこのパレットを閉じます。 別の方法で試してみます。今回はShift + F12を押して コマンドマネージャを開きます。 新規パレットボタンをクリックします。 コマンドを見つけるのに、膨大なリストをスクロールする代わりに 名前フィルタフィールドに文字列を入力して コマンドを検索します。 このようにRenderと入力してみます。 これでお気に入りをレンダリングツールを 別のパレットに保存することができます。 なお、正しいものを選択してください。 同じ名前のコマンドが複数ある場合は、 そのコマンドをパレットにドラッグするだけです。 レンダリング設定、レンダーキュー、 レンダリングプレビュツールをドラッグします。 サブメニューに入っているコマンドや キーボードショートカットを持たないコマンドの アイコンを作っておくと便利です。 プレビュ作成コマンドを見つけて追加します。 グラブアイコンを右クリックして、 [方向を切り替え]を選択して、縦に切り替えます。 次に、右クリックして名前を変更を選び、 「Render Pal」名前を付けます。 「パレット」の略ですが、新しいものでもよいです。 フローティングウィンドウのままで、 自由に動かすか、 他のパネルと同じようにドックします。 ここでは左側に置きます。 すばらしいのが、右クリックして[パレットをたたむ]を 選択できることです。 これは、メニュー内の他のコマンドを表す小さなアイコンを作成します。 パレットの編集モードをオンにして、 既存のパレットに追加することができます。 空のものを閉じます。コマンドはドラッグして、 任意のパレットに追加できます。 カスタムで作成したものだけでなく プレビューを作成も同じです。 編集パレットをオフにしましょう。 コマンドをアクセス可能にする別の方法である キーボードショートカットを割り当てたり、 別のキーボードショートカット割り当てることができます。 たとえば、F9、F10、F11キーに対して それぞれ、ポイント、エッジ、ポリゴンの各モードを割り当て、 Mayaと同じにします。 F10キーに割り当て可能かどうか調べてみましょう。 [ショートカットフィルタ]で、F10キーを押します。 Shift+F10に何かに割り当てられていることがわかります。 ただ、F10そのものは、割り当てられていませんので、 F10にキーを割り当てることができます。 ですので、[名前フィルタ]に「エッジ」と入力して エッジモードコマンドを見つけ、選択します。 現在割り当てられているキーはないのがわかります。 下のショートカット欄でF10キーを押して、 [適用]ボタンをクリックします。 これでショートカットとして記録されました。 いつでも消去をクリックして、割り当て解除できます。 しかし、もう一度割り当てておきます。 同じようにポリゴンモードにF11キーを割り当てることができます。 まず、F11に割り当てられているものを確認します。 次に、ポリゴンモードを見つけます。 ショートカットフィールドのF11キーを押して [適用]をクリックします。 F10とF11でも問題なくできましたが、 F9には選択オブジェクトを記録コマンドが すでに割り当てられていることがわかります。 それでは、選択オブジェクトを記録に対して、 Key ObjectということでKOのコマンドを適用します。 ちょうどそれぞれのキーは互いに近いところにあります。 今度は、ポイントモードコマンドを見つけて F9キーを割り当てます。 アイコンにマウスを重ねると ショートカットが表示されるので、忘れてしまっても安心です。 C4Dをカスタマイズするもう一つの方法は、 メニューバーのメニューの編集や 独自のカスタムメニューを作成と表示です。 今回は、ウィンドウ/カスタマイズ/メニューのカスタマイズを選択して メニューエディタを表示します。 ここでメニューを選択して 新しい場所にドラッグしたり、 またはメニューを選択して、繰り上げ/繰り下げボタンを クリックしてメニューの順序を変更します。 今回は、アルファベット順に並び替えてみます。 また、メニューをダブルクリックして展開して、 サブメニューも表示することができます。 これらのコマンドも好きなように並べ替えたり、 別のメニューに移動もできます。 今回は、コマンドをランダムに動かしました。 しかし、コマンドを並び替える本当の理由は、 最新版で、UIのアップデートがあった場合に、 慣れたお気に入りの特別なメニューに変えることができます。 つまり、メニューを並べ替えて、 前のバージョンに戻すこともできます。 また、アイテムを削除することもできます。 たとえば、TeamRenderのコマンドは削除してみます。 というのも、単独作業では使用しないためです。 [適用]をクリックして変更を保存して、 メニューバーを確認します。 セーフティネットは常に必要です。 [復帰]をクリックするか、 [工場出荷時の状態に復帰]を押すと、 変更内容をアンドゥできます。 独自のカスタムメニューを作成する場合は、 メニューバーの[新規サブメニュー]をクリックして、名前を付けます。 そして、コマンドを他のメニューからコピーペーストしたり、 必要な別のコマンドを新規メニューに移動します。 たとえば、お気に入りのMoGraphとシミュレーションツールを すべて同じメニューに移動したいとしましょう。 ここにドラッグするだけです。 ただし、元のメニューでは表示されなくなります。 このメニューを保持するには、[全ての変更を保存]をクリックすると、 メニューバーからいつものように使用することができます。 しかし、元に戻しておきます。 ごちゃごちゃになっているので、保存したくないためです。 このように、C4Dのさまざまなカスタマイズ方法を学び、 快適な作業が行えるようにできます。 このビデオで使用した機能とキーボードショートカットの 比較表になります。 次のビデオでは、C4Dで知っておくべき いくつかの機能を簡単に見ていきます。 それらは本当に素晴らしいですので、ぜひご覧ください。 また、cineversity.comもチェックしてください。
Resume Auto-Scroll?